logo

お電話でのお問い合わせはこちら

phone_icon 086-262-2101

受付時間 平日 8:15〜16:30

barclose

桜田工業株式会社「健康経営宣言」

I. 健康経営宣言

桜田工業株式会社は、「健康で元気に働ける企業」を目標に、その根底となる、従業員の健康維持・健康増進を経営課題のひとつとして、 2021年に「健康経営宣言」を策定いたしました。
従業員一人ひとりが「健康で明るく元気」で生活できるように組織全体で取り組みます。
桜田工業株式会社
代表取締役 菅波克広

II. 推進体制

健康経営推進体制

III. 2021年(令和3年)重点施策

1. 二次健康診断受診勧奨の取り組み

目標: 受診率100%

2. 長時間労働者への対応に関する取り組み

目標: 1か月間の残業時間、全従業員70時間以内

3. 受動喫煙対策に関する取り組み

目標: 喫煙者、20人以下

IV. 重点施策の取組状況

1. 二次健康診断受診勧奨の取り組み

現在は、会社内の個人面接等で受診を促している。
結果については、次の個人面接で聞くようにしているが、従業員任せとなり、きちんとした把握ができていない。
2021年からは、二次健康診断について、受診勧奨及び受診の有無を確認することとし、100%を目指している。

2. 長時間労働者への対応に関する取り組み

2020年より、新型コロナウイルスの影響で、各工場間で受注について、繁忙期、閑散期の発生が生じている。
それにより残業時間が過多になる工場が発生している。
対応として、他の工場からの応援等により残業時間削減に努めている。

3. 受動喫煙対策に関する取り組み

受動喫煙対策は、従前より屋内禁煙、屋外へ喫煙場所の設置及び喫煙時間の設定を実施している。
また、従業員の喫煙率の低下については、チラシの掲示を行い啓蒙している。
さらに、教育・研修、喫煙率を下げることを目的とした継続的な保健指導を実施している。

V. 今までの主な取り組み

1. 全従業員に対して、年2回面接を実施。その中、健康調査、健康診断結果のヒアリングを実施することで、健康管理をしている。(平成26年5月より)

2. 協会けんぽへ「健活企業宣言」を行い、「健活企業」の認定を受ける。
(平成28年7月)

3. 過重労働の抑制のため残業時間の管理を強化した。(平成28年7月)

毎月の残業時間の集計を工場長に配付し順守を求めている。

4. ラジオ体操の実施(平成29年9月)

ラジオ体操

5. 病気入院費を補助する業務災害保険の加入(平成30年7月)

6. ノー残業デーの設定(令和1年)

7. 屋内禁煙、屋外へ喫煙場所の設置及び喫煙時間の設定喫煙コーナーへ禁煙呼びかけポスターの掲示(令和2年7月)

喫煙率の低下を重点施策に掲げ実施中。

8. 健康委員会設立(令和2年7月)

毎月第1月曜日に実施。各工場から1名選出。

9. 健康経営優良法人の認定を受ける。
(令和3年3月)

10. ハラスメント相談窓口設置(令和3年8月)

11. メンタルヘルス相談窓口設置
(令和3年8月)

12. インフルエンザ予防接種の会社一部負担を導入した。(令和3年9月)

13. 喫煙者にする、禁煙外来治療費の補助及び禁煙達成者に対するインセンティブの付与を導入した。(令和3年9月)

14. 事業規模は50人未満であるが、今後の健康経営を鑑み、産業医と契約し、健康経営を推進することとし、次年度はストレスチェックを実施予定。(令和3年10月)

VI. 取り組み結果及び効果

1. 二次健康診断受診勧奨の取り組み

平成26年5月から全従業員の面接を実施し、健康状態のヒアリング、健康診断後の社内でのフォローアップを行うこととした。
その結果、健康診断受診について、100%を維持することもができるようになっている。
二次健康診断について、受診勧奨後のフォローアップができていなかったので、今年から受診の有無の確認を実施し、100%受診率を目指す。

2. 長時間労働者への対応に関する取り組み

一部の従業員の長時間労働解消のため、平成28年7月より毎月残業時間を管理し、長時間労働削減の方策(業務を他者へシフト、人員の増員、設備導入のよる業務効率化)を実施し改善している。

3. 組織的な取り組み

当初、面接の中で健康と仕事の両立を目的に始めた健康チェック・再検査指導、そして、長時間労働削減策の対応など、単発的な感じで捉えられていたが、 けんぽ協会の「健活企業宣言」、毎月の健康委員会開催を通して、会社全体へ発信もいろいろと増えて全体的の動きが増している。
「健康経営優良法人」の取り組みも社内・社外へ発信しながら従業員の健康に貢献すると考えてすすめている。
今後の取り組みとして、産業医と契約を行ったので、幅広い健康相談、ストレスチェックの実施につなげていく。
喫煙者に対して、禁煙外来治療費の補助及び禁煙達成者に対するインセンティブを付与し、喫煙率を低下させる一つの要因としたい。

VII. メッセージ

健康経営宣言を発表しました。当社の取り組みについて、ご質問ご相談があれば、お尋ねください。
担当 総務部 赤木郁雄
mail: